『THE FIRST』スラムダンクは声優陣が違うだけで観ないと思っているのは勿体ない映画

観てきました!!井上雄彦先生原作の『THE FIRST SLAMDUNK』!!

この記事は先ず、東映アニメーションで昔アニメ化されていた声優陣と全く違う!!映画製作に原作者が関わっていたとしても花道は草尾さんじゃなきゃ嫌だしもうそれは別物!!

と思っている方たちに読んで欲しいです。


東映アニメーション公式YouTubeチャンネルより

概要

1990年から96年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、現在に至るまで絶大な人気を誇る名作バスケットボール漫画「SLAM DUNK」を新たにアニメーション映画化。原作者の井上雄彦が監督・脚本を手がけ、高校バスケ部を舞台に選手たちの成長を描き出す。

湘北高校バスケ部メンバーの声優には、宮城リョータ役に「ブルーロック」の仲村宗悟、三井寿役に「ガンダムビルドダイバーズ」の笠間淳、流川楓役に「ヒプノシスマイク」の神尾晋一郎、桜木花道役に「ドラえもん」の木村昴、赤木剛憲役に「僕のヒーローアカデミア」の三宅健太を起用。1990年代のテレビアニメ版も手がけた東映アニメーションと、「あかねさす少女」のダンデライオンアニメーションスタジオがアニメーション制作を手がける。

ロックバンドの「The Birthday」がオープニング主題歌、「10-FEET」がエンディング主題歌を務め、作曲家・音楽プロデューサーの武部聡志と「10-FEET」のTAKUMAが音楽を担当。

2022年製作/124分/G/日本
配給:東映

映画.COMより

私が子供の頃、決まって夏休みでは毎年のようにTV『子どもアニメ大会』ではスラムダンクが放送されていました。

毎回毎回観てしまうのですがやはり何度観たって三井寿がバスケ部に戻るシーンは泣けますし、各高校の強豪たちと繰り広げる試合は手に汗握る面白さがありました。

昔のアニメの思い入れが強い人たちにとって今回のこの最新の映画、『THE FIRST SLAMDUNK』はめちゃくちゃ拒絶反応が強かったと思います。

現に私もめちゃめちゃ嫌でした。声優丸ごと変えて新作やるなんてもうそれはスラムダンクじゃないし違和感半端ないし、そんな風にやり直すならいっそ作ってくれなくて良かったとさえ思いました。

しかしながらTwitterで流れてきた『スラムダンク面白かった!!』『ここへきて(令和)リョータの解像度が上がった!!』の声の数々。

なぜリョータ??

って思っていたら、どうやら『THE FIRST SLAMDUNK』は前アニメ、漫画の主人公桜木花道が視点となっている映画ではないみたい。

なんと主人公は宮城リョータらしいとの事。

入場者特典ポストカード

そらー作者の井上雄彦先生じゃないと考えられない話だな!!と思いました。

お察し頂けるとわかると思いますが私、ミッチーが好きなのでこの、『THE FIRST SLAMDUNK』リョータの過去や家族背景、リョータに関わりの深い人物の一人としてミッチーの解像度も上がる映画でした!!最高かよ。

物語のメインとなるお話は、

原作のクライマックス戦ともなる山王高校バスケット部湘北高校バスケット部!!

原作に追いついてしまったんだったかな?これは前アニメシリーズでもまだアニメ化されていない話でした。

なのでアニメの実質続きみたいな感じだと思うのですが、『THE FIRST SLAMDUNK』何が良かったって試合のシーンはどれも最高の息つく間もない緊張感と、まるで観客席にいるような感じでした。

マジ試合観てた感覚(笑)

あぁ、井上雄彦先生はこれがやりたかったんだなぁと唸るほど実感しました!

劇場版アニメ『THE FIRST SLAM DUNK』の驚異の完成度を実現させた“土台(ベース)”と言える要素を1冊に集約!!

目次

『THE FIRST SLAMDUNK』が声優陣が変わって観たくないと思っている人でも観た方が良いよ!っていう理由は、

まさに気になるけど気にならなくなる原作の試合の面白さがそこにある、からです。

声優陣が全く違うので違和感があるのと、試合になり他の人が声をかけていても誰が声をかけたのかいまいちピンと来なかったりするのですが、

それはもう本当に前アニメの声優陣のキャラの濃さが全然違うなという感じですが、声の違和感を忘れさせるくらいの試合の面白さでした!!

前アニメシリーズは古い作品、アニメ技術だったからというのもありますが、一番の魅力は今回のこのアニメ映画は動きに力を入れていて、如何にスムーズで躍動感のある、等身大の彼らの試合に魅せるかという点にあるんじゃないかと思いました。

CGは最初どうなんかなぁ~って思っていたけどそれもそんなに気にならないくらいには映画にのめり込める作品になっていました。

なので本当に、本当に原作ファンはもちろん昔のアニメでスラムダンクが好きになったという方達には本当に諸々の気持ちはそれとして横に置いておいて先ず映画を観て欲しい。

いいから取り敢えず映画をみろッ!!!!

そう言いたい。いやもう結局は何でもいいから取り敢えず観てみて?という事だけ。

少なくとももやもやしてた気分だけは晴れるんじゃないかと思う。

そして気付いた時にはもう漫画を買い直してます(笑)

驚異の完成度を実現させた“土台(ベース)”と言える要素を1冊に集約!!映画の後に読むと更に理解度が深まっていい一冊!!単行本未収録の読み切り『ピアス』も読める!

連載中の絵も良かったけど新装版のこの絵柄もめっちゃ嬉しい!!

この記事を書いた人

アナログお絵描きが好きなのんびり腐女子|本当の自由を目指して雑記ブログを運営中|主に漫画の紹介やエッセイ漫画を増やしていきます☺️✨

最大の目標は
『平日プラプラできる人間になる』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次