amase先生の『蛍火艶夜』第二次世界大戦末期の青年たちの熱い夜が堪らない

物凄いのキタ…ッ!!!!としか言いようがないです。

情緒崩壊待ったなしとはこのこと…amase先生この漫画を産み出してくれてありがとうの気持ちでいっぱい…

特攻隊の青年たちが主人公なのでなかなかにハードな設定になってます。

あと絵柄とかも読む人を選ぶ漫画になってる気がしますが、取り敢えず読んで欲しい少しでも気になった方は読んで欲しいです、切実に

あらすじ

反芻者続出の話題作。待望の単行本化!
大ボリューム本編212Pに加え特別描き下ろし16Pを収録。

「このえり巻
先に特攻で逝った人から貰ったんです」

1945年3月、徳島。

報道の為、特攻隊の写真を撮影に来ていたカメラマンの淀野は、田中志津摩一飛曹の朗らかな笑顔に惹かれながらも、彼の運命を思い、うしろめたさを覚えてしまう。

ある晩。

不意に淀野のもとを訪れた志津摩。
話し込むうちに、レンズ越しには見えなかった深淵が――。(『田中志津摩一飛曹編』)
時は第二次世界大戦末期。苛烈な争いのなか、國の為、自らの命を武器に闘うべく募られた特別部隊。“神風特別攻撃隊”――……。
焦燥、憧憬、苦慮、希望、そして慕情。

生命の灯が揺らぐ日常で、魂をぶつけあう漢たちの秘められた夜6編に加え、
特別描き下ろしを1編収録。

濃厚な筆致と人物描写で描きあげるオムニバスストーリー、劣情の上巻。

Amazonより

特装版

命のやり取りをする戦時下で、それも特攻隊という過酷な運命の中情を交わす青年たちのなんと儚くも美しい話なんだろう…つらい

でもつらいだけでなくて本当に読んで良かったと思います

これ、上巻なのでこの後下巻、もしくは中巻?と続くかもしれないと思うと楽しみ過ぎて他の方のレビューでもあるように上巻を何度も読んでしまいます(笑)

中でも私が一番好きなのは、帯の台詞を言った戦闘機の搭乗員『橋内 和中尉』と整備兵の『塚本 太郎』のお話

『蛍火艶夜』上巻より

ちょっと天然な2人の話が可愛くてつらくてもっと読みたいと思うけれど、『特攻隊』というリミットの決まっている中での情のやりとりが本当に堪らんのですよ…

そして濃厚セッ…!!(合掌)

前後編に入ってる『八木中尉』と『志津摩一飛曹』のお話はとても…とても癖に刺さる話になってると思います…これ、はらだ先生の『にいちゃん』が好きな人は読むべき

志津摩がもう少し自分の欲望に素直に生きられる感じだったなら…と思いますが、あの時代でそれは今よりも更に難しい事なんじゃないかと思います

『蛍火艶夜』上巻より

マジで情緒がやられる漫画です(笑)

八木と志津摩のお話はなんというかお互いの心のすれ違い?が結構ある気がして橋本と塚本サイドが本当にある意味ハッピーエンドなんかなと思いました

けど!

表紙裏を見てみたら!

八木、志津摩にも光があったとさらに泣けてくるイラストに本当、先生凄いもんを産み出してくれたなと心から感謝…!

漫画最後のおまけIF設定は本当に本編を読んでからのこの設定はありがとうと顔面を地面にめり込ませる勢いで感謝!!特に塚橋ありがとう…

先生、2人…いや4人の転生物語り描かれたりしませんか…??

とにかく、amase先生の『蛍火艶夜』は読んで損なし!!

先生は今回がっつりBL漫画を描くのは初だったそうで先生と言えば、代表作『ALL OUT!!』やドラマ化もした『ここは今から倫理です。』という作品を描いてらして、私は今回でこの方の作品を知りましたが他の作品も読みたくなるほど先生の漫画の感情描写の勢いが凄く物語に惹き込まれます

8月にこの『蛍火艶夜』上巻が初版発行されましたが、先日映画の『ラーゲリより愛を込めて』をアマプラで観たばかりだったのでつい手に取って面白いかわからんけど買ってみるかという軽い気持ちで買ったけれどこんな情緒持っていかれる漫画があるとは…

これだから通販じゃなくてたまに書店に足を運んでみるってのも最高だな!(笑)

特装版

気になった方は是非自分の目で見て読んで欲しいと思う

しちみのおすすめ漫画

しちみの日常漫画

この記事を書いた人

アナログお絵描きが好きなのんびり腐女子|本当の自由を目指して雑記ブログを運営中|主に漫画の紹介やエッセイ漫画を増やしていきます☺️✨

最大の目標は
『平日プラプラできる人間になる』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次